スマホケースのハイブリットケースについて注意点

スマホケースの種類の中で、ハードケースとバンパーケースを合わせもったタイプのハイブリットケースというタイプがあります。ハードケースのような耐久性をもっており、バンパーケースのようにスマホ自体のデザインが見えるように背面ケースは透明になっているのが特徴になります。このケースはハードとバンパーのいいとこどりとして造られましたが、使用するのに注意する点はいくつかあります。まずパンバーケースの特徴である側面を覆っているタイプのケースになるため、ボタン操作がしずらいということが多いです。ケースタイプによってはボタンが操作できないこともあるので、ケースを選ぶ際は注意することが必要です。他に背面は透明なケースになっているので、デザインは見えるように配慮されていますが、カメラで写真を撮るとき透明板が反射して、綺麗に撮影できないことが多くあります。その為、カメラ機能を使う際は注意が必要です。

ポリカーボネートのスマホケースについて

スマホは小さいパソコンと呼ばれるほど、とても様々な機能が組み込まれており多くの人が利用しています。ですが、衝撃などに対して弱いのでスマホケースをすることで壊れないように保護する人が殆どです。そのスマホケースの種類の1つとしてポリカーボネートと呼ばれるケースがあります。PCと呼ばれておりプラスチック系の素材を固めて造られたスマホのケースになります。特徴としてはその軽さにあります。また薄く造ることができるためスマホに装着したさい違和感なく使用できます。また耐久性に優れており衝撃にもとても強いため、スマホのケースとして十分な保護が期待できます。素材の特徴としては加工しやすいという事があるため、とてもデザインが豊富につくられており、ケースを選ぶのが大変になるほど様々な種類のケースが作られています。価格的にも安いので、だれでも購入しやすいのもおすすめです。

スマホケースで保護率つの高いアルミについて

スマホは多くの人が利用しているアイテムの1つであり、電話だけではなく最近では多種多様な機能が備わっています。なので購入するにも高価なものが多く、落下などによる破損から守るためにスマホケースをつけることをおすすめします。ケースといっても種類や素材などはたくさんありますが、その中でも保護率だけを考えるであれば一番おすすめなのがアルミ素材で作られたスマホケースになります。素材がアルミなので耐久性と衝撃にはかなりの強度があり、しっかりとスマホを守ってくれます。また見た目的にも高級感があるのも特徴です。シリコンのように滑りにくさがまったくないので、鞄から取り出す時などにひっかかることもありません。またアルミ独特のデザインにはかっこよさがあります。ただしアルミは金属素材になるので、多少ですが電波の受信などに影響が出る場合があります。